2017 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 10

カテゴリ:インターネット の記事リスト(エントリー順)

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Babylon駆除(スパイウェア駆除)

 【31//2014】

今日で夏休みも終わりです。皆さんはよい夏休みを過ごせましたか?

さて、前にアドウェア駆除(「pricechop」「Nextcoup」)という記事を書かせていただきました。で、一件落着かなと思ったのですが、あるソフト(動画の形式を変換をするソフトです)をインストールしたところなんか変なソフトがついてきてしまいました。

このソフトは「Babylon」という翻訳ソフトで有名なスパイウェアです。このソフト、実は2年前に一度間違えてインストールしてしまっているんですよね。このソフトの影響は勝手に検索エンジンが変えられる(BabylonSearc)、 ツールバー(Babylon Toolbar)を勝手にインストールするというものでInternet Explorerが改変されます。
また、このソフトの厄介なところは簡単には削除できないこと。プログラムのアンインストールだけでは消せません。前もそれで悩んでいました。で、前回同様「Iobit Uninstalle」というソフトでアンインストールしてみました。消せました、表面上は。

実はこれだけでは終わりません。実はまだ内部に潜んでいました。そこで「SpyBot」というソフトを使い検出したところ普通に出てきました。はい、完全には消えていません。SpyBotで削除してもらいました。が、まだ心配なのでファイルをあさっていたところ、「ダウンロード」フォルダーのところにショットカートがありました。特に害はなさそうですが削除。
検索エンジンが改変された場合はツール→インターネットオプションで元の検索エンジンのURLを張り付けましょう。

自分では完全に削除できたと思っています。しかしまだ潜んでいる可能性は十分にあります。一番いいのはもちろん間違えてダウンロードしないことです。他のソフトについてくる場合がほとんどなんですけどね…。もしダウンロードしてしまい、心配な場合は「アドウェア駆除(「pricechop」「Nextcoup」)」の時に自分がした「プログラムの復元」をおすすめします。

自分が行った削除方法は次の5つ。
1、プログラムのアンインストール
2、「Iobit Uninstalle」を使う
3、「SpyBot」
4、元の検索エンジンに戻す
5、ファイルを漁り、怪しいものを見つける
それでも心配ならプログラムの復元
スポンサーサイト

Category: インターネット

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

アドウェア駆除(「pricechop」「Nextcoup」)

 【17//2014】

BMSのパッケージをある場所からDLしたのですが、DLする際に「pricechop」と「Nextcoup」というアドウェアがついてきました。あともうひとつ、いきなりPCをスキャンしPCがエラーなので製品版購入して治せ、というよくあるあるスパイウェアも付いてきたのですがこれは「コントロールパネル」→「プログラムのアンインストール」で簡単に消せます。消すと同時に変なページに飛ばされますが、閉じれば問題ないです。

さて、「pricechop」と「Nextcoup」の話。この2つのアドウェアの効果は「サイトのある文字にリンクが貼られ、そこにマウスカーソルを持っていくと広告が表示される」というもの。見た目厄介ではなさそうですがリンクが貼られている部分へカーソルを持っていくだけで広告が表示されるため邪魔です。ある文字とは「Future」や「レート」など。それに関係する広告かと思いきゃどちらも「口座入金額の最大50パーセントキャッシュバック」という全く関係ないもの。
もう一つDLしたPCスキャンと同じ方法で消そうとするのですがこの2つの厄介な所は「プログラムのアンインストール」をしてもまた復活すること。Google Chromeを使用しているのですが、「拡張機能」にこの2つがありました。で、横の削除をクリックして問題なく消えるのですが再びGoogle Chromeを開くと元通りに。「プログラムのアンインストール」をしても変わりません。またCドライブにも変なファイルがあったので削除したのですが変わらず。

困っていたところ「Nextcoupとpricechop(ウイルス)の削除方法」という記事を見つけたため参考にさせていただいたところGoogle Chromeを一度アンインストールすればよいとのことで、早速アンインストールをして再びインストールしました。で拡張機能を見た所…まだいる。はい、消えませんでした。

で、再び困っていたところあることに気が付きました。システムの復元をしてBMSパッケージをDLする前に戻せばいいのでは?
2014y08m17d_084227526.jpg
やってみました。復元が終了し、再び拡張機能を見てみると…無くなっている。成功しました。

自分が行ったのは以下の4つです。
1、プログラムのアンインストール
2、ファイルの削除
3、Google Chromeアンインストール
4、システムの復元


もし「pricechop」と「Nextcoup」をDLしてしまった場合、この4つの内どれかで削除できるはず…。昨日はこの2つのアドウェア消すために半日かかりました。

Category: インターネット

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

謎のソフトウェア「babylon」2

 【29//2012】

昨日ご紹介しました「babylon」のことなんですが、よく見たらまだそのソフトウェアが残っていて勝手にスタートページが変えられていました。
色々と調べてみたところこのソフトウェアを完全に消すソフトがあるみたいでそのソフトを使ってやったらうまくいって完全に消えました。これにて一件落着です。
これを消す際に使ったソフトは「Iobit Uninstalle」というものです。無料で、とても便利です。

Category: インターネット

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

謎のソフトウェア「babylon」

 【28//2012】

今日いつも通りパソコンを触っていたんですよ。ある物をダウンロードするためにソフトウェアをダウンロードしたんですが、別のソフトがついてきてしまったようで、Googleを開いたつもりなのに、この「babylon」というソフトウェアが反応して検索がGoogleでできなかったんですよ。
色々なサイトを見て解決方法を探して、普通にGoogleで検索できるようになりましたが…今でも出そうと思えば出せます。
ソフトをダウンロードする際には注意が必要ですね。

Category: インターネット

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。