2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

東方遊演戯 プレイ&感想

 【01//2014】

今日から9月がスタート!長い長い2学期の始まりだ。

今回は東方RPG作品「東方遊演戯」のプレイ感想を書いていこうと思います。この作品は2年前にクリアしたものなので記憶があやふやですがご了承ください。ネタバレ注意!

この作品の特徴は何と言ってもパロディの多さ。マリオ、ドラクエ、FF…上げていったらきりがないほどのパロディが至る所に用意されています。また、シナリオ進行がほとんどギャグで進んでいくためそういったものが苦手な方にはお勧めできません。(逆にシリアスなところはとことんシリアスです。鬱になりそうなくらい。)
もう一つの特徴は仲間キャラの多さ。紅魔郷~星蓮船のキャラは全員仲間になります。一人一人に特徴があるので育てがいがあります。

ストーリーは八雲紫が異変を起こしたので解決しに行くというオーソドックスなもの。序盤はほとんどギャグ、中盤あたりからシリアス要素が入り、終盤はほとんどギャグ要素が無くなります。序盤と終盤のギャップの差がすごい。そこがこの作品のおもしろさの一つでもあります。

戦闘難易度は中級くらい。ボスは運が悪いと即死級の技をよく使ってきます。個人的に難易度が跳ね上がったと思ったのは3章あたりから。雑魚敵が一気に固くなり、ボスも一筋縄ではいきません。
ラスボスはとにかく持久戦。精神力との戦い。3連戦で1回戦に15分ほどかかります。会話イベントも含むので計1時間ほど。3回戦目でMP切れてやられたときは心折れました。この作品敵のHPわからないのであとどれくらいで倒せるかわからないんですよね。そこでまた精神が削られる。
一番きつかったのは6章クリアした後に行けるところで戦った村紗ですね。タイマン勝負で村紗の通常攻撃に即死が入っています。だいたい2割ぐらいの確率で即死にやられます。負けるとそのエリアでは記録が一切できないためエリアの初めからやり直しで、一輪ともう一度戦うことになります。戦闘前会話が長い&一輪自体まあまあ強いということで投げそうになりました。まあ、ストーリには一切関連してこないんですけどね。

最後までプレイしましたが、とても楽しませてただきました。ストーリのギャグには本当に笑わせてもらいました。3章が一番内容が濃くて面白かったです。仲間多いっていいですね。
スポンサーサイト

Category: 東方

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。